医療法人社団 形成会 酒井形成外科 / 美容外科・美容皮膚科・形成外科 / 東京都豊島区 / JR大塚駅から徒歩1分
美容外科/美容皮膚科の診察予約

ボトックス注射法によるわきが・多汗症超

ボトックスについては、美容皮膚科のボトックスのページで詳しくご紹介しております ボトックスのページも併せてご覧ください。

わきがや多汗症で悩んでいるものの、手術までするのはちょっと…という方にお勧めです!

手術の概要

わきが(ボトックス治療)は、ボツリヌスA毒素が局所的に神経を麻痺させることから、脇の下の皮下にボトックスを注射し、発汗や臭いを押さえます。

ボトックス
ボトックス

ボトックス注射法の実際

現在までに発見されているボツリヌス菌が産生するタンパク質毒素のうち、もっとも強力なものがボツリヌスA毒素(ボツリヌストキシンA)です。
これは神経毒として働きますが、このボツリヌストキシンAを人体に安全なレベルで治療薬剤化したものがアラガン製薬の「ボトックス」という製剤です。

ボトックスを皮下に注射すると、自律神経が一時的に麻痺し発汗やわきがの臭気を減少させます。
ただし、効果期間は3〜6ヶ月程度で、1〜2ヶ月期間をあければ何回でも注射することが可能です。

ボトックスを注射器に装填したところ
ボトックスを注射器に装填したところ

顔の表情しわの軽減ばかりでなく「わきが」や「多汗症」の治療としても大変有効な治療薬です。
米アラガン製薬のボトックスは、日本でも厚生労働省も認可している安全なお薬です。

溶解したボトックス溶液を片脇のわきの下の皮下に10〜14点程度に分けて少量づつ注射します。

ボトックス注射後2〜3日で効果が出始め、5〜7日で安定します。

ボトックス注射治療後も特に注意することはありません。入浴なども普通どおり行って構いません。

ボトックス注射によるわきが治療の様子
ボトックス注射によるわきが治療の様子

この施術の利点と欠点

わきが(ボトックス)の利点

わきがのボトックス治療のメリットは、注射のみで簡単にわきが治療が行えることです。

わきが(ボトックス)の欠点

わきがのボトックス治療のデメリットとして、3〜6ヶ月の効果しかないことです。

わきが・多汗症 ボトックス注射法の施術時間

施術時間は10分程度で、効果の持続期間は3〜6ヶ月程度です。

ボトックス注射法の施術費用

項目 金額
(消費税別)
ボトックス治療 1回 健康保険適応

ボトックス注射法の詳細情報

施術時間 10分程度
施術後の通院 不要
腫れについて なし
カウンセリング当日治療 可能
入院の必要性 不要
麻酔 不要
酒井形成外科の美容外科・美容皮膚科のご予約はこちらから